協力体制に基づく製造

親会社Jason Incorporated社のサポートを受け、当社は共同体制に基づいて製造を行っています。日々の業務から知識を得て、ビジネスを成長させるため、Jason Incorporatedグループ傘下のその他企業と協力体制を組んで業務を遂行することの重要性と恩恵を理解しています。アイディアと知識を共有して様々な洞察を得ることで、製造工程とテクノロジーにおいて最先端を行く企業となり、さらに優れた価値を持つソリューションをお客様へ提供することが可能となります。

互いに協力して、業界に変化を起こすソリューションを創造する


ジェーソン・ビジネス・システム

ジェーソン・ビジネス・システム(Jason Business System、JBS)では、日常コストをはじめ、品質全般、革新的なアイディアや行動、継続的な改善など、あらゆる分野での競争を視野に入れて、全員が共通手法を実行し、説明責任も負っています。JBSの意味するところは、業界最高レベルの協力体制です。一定の基本方針およびプロセスを確立し、業界最高レベルの業績を打ち立て総合力の強化を図ります。Janesville Acousticsとその他グループ企業は、3つの基本方針を基盤とする全社共通の手法を実行します

 

Jason Business System
オペレーショナル・エクセレンス

ビジネス全般の専門知識およびベストプラクティスを共有する。
方針を実践するなか、主要な優先事項のリソースに着目する。
企業全体に「効率化を追求する社風」をまず定着させる。


収益の成長

革新的なアイディアを効率的に取り入れ、顧客のニーズに積極的に応える。
クロスセリングおよび新規プロダクト開発を通じて、組織的に成長する。
相乗効果を生み出し、成長への新たな道を切り開くため買収を活用する。


企業人として

倫理観に基づき行動すること-正しい方法で正しい行動を取る。
業務に専念し、顧客の期待値を常に上回る。
企業文化や基準を生かし、トップクラスの人材の能力を集める。成果を出した社員に対して、全社的に、適切かつ公正に報いる。